交通事故でむちうちになったら?後遺障害認定・慰謝料の3ポイント

むちうち

 

○被害者には厄介な、むちうちの慰謝料請求

自動車同士の交通事故、特に追突事故では、いわゆるむちうち症状が首などにあらわれることが多く、ケースによっては治療の甲斐もなく、いつまでも痛みが治まらずに後遺症が残ることもあります。

このむちうち症状、特に自覚症状のみが認められるむちうち症状は、加害者に対して損害賠償を請求する際に、症状の有無、後遺障害の有無などさまざまな点で問題が発生する、被害者にとっては大変厄介な症状です。

ここでは、交通事故でのむちうちの後遺障害慰謝料について、基本的な知識を説明することにします。

最初に基礎知識を、次に後遺障害認定について、最後に慰謝料請求について説明します。

 

1.むちうち、後遺障害の基礎知識

(1) むちうちとは

一般的に「むちうち」とは、自動車の衝突事故などの際に、衝撃で鞭がしなるように急激に首が振られたために生ずる怪我のことを言います。診断書上は、「頸椎捻挫」、「頸部挫傷」などの病名で記載されます。

その症状は、首の痛み、頭痛、身体のしびれ、肩こり、耳鳴り、めまいや視力障害などケースによって様々です。

むちうちは交通事故による傷害の中では大変数が多いものですが、レントゲンやMRIなどの他覚的所見にあらわれない自覚症状のみのものも多いため、本当に事故で怪我をしたのか、怪我をしたとしてどの程度のものなのかなど、さまざまな点で争いになることが多い症状でもあります。

(2) 後遺障害とは

後遺障害(一般的には「後遺症」と呼ばれているものです。)とは、簡単に言うと、治療を続けてもそれ以上の改善は期待できないという状態(症状固定)に至った時点でも、なお残っている症状のことを言います。

交通事故によって傷害を負った場合には、「症状固定」時期が1つの分岐点になります。治療費や入通院慰謝料などの事故による損害の賠償はこの症状固定時までの分が対象となり、症状固定後に通院したとしても、その治療費や通院期間に対応する慰謝料などは賠償の対象とならないものと扱われています。

そして、残った後遺障害については、その程度に応じて後遺障害慰謝料(入通院慰謝料とは別のもの)や逸失利益(後遺障害が残ったことによって減少するであろう将来の収入に対する賠償)が賠償として支払われることになります。

後遺障害の程度は、症状固定後に損害保険料率算出機構によって行われる1級から14級までの後遺障害等級認定に基づいて判断されるのが一般です。

 

2.むちうちによる後遺障害認定

むちうちが後遺障害として残った場合には、程度によって12級13号(「局部に頑固な神経症状を残すもの」)もしくは14級9号(「局部に神経症状を残すもの」)の等級が認定されます。

他覚症状が認められる場合にはさほど問題はありませんが、自覚症状のみしかない場合には、この等級認定の段階から問題が生ずることがあります。すなわち、本人が症状固定後も首の痛みなどの症状を訴え、診断書やカルテにもその旨の記載がある場合であっても、14級の認定が行われず非該当(認定すべき後遺障害がないということ)とされるケースが多々あるのです。その場合には、認定結果に異議を申し立てて再考を促すこともできますが、認定結果が覆るとは限りません。症状固定後も被害者が残った症状で苦しんでいるのに、それが損害賠償に反映されないという結果となることもあるのです。

このように、他覚症状のないむちうちに関しては難しい点も多く、加害者と被害者との間で争いが生じやすい部分でもあります。交通事故でむちうちの障害を負ってしまった場合には、我慢できないほどでもないなどと軽く見ずに、後の賠償請求に備えて早期に弁護士に相談すべきです。通院の頻度、診断書やカルテの記載内容など、後からでは修正のきかない点が後遺障害の認定結果を左右することがありますから、早めに専門家のアドバイスを受ける必要があります。

なお、自覚症状のみのむちうちの場合には、14級と認定されるのが通常で、12級の認定を受けることは困難です。レントゲン、MRIなどの画像による診断を受けていない場合には、治療中にこれを受けておくことが肝要です。

 

3.むちうちの後遺障害の慰謝料請求

(1) 損害賠償の基準

むちうちによる後遺障害が認定された場合には、それをもとにして後遺障害慰謝料及び逸失利益の賠償請求を行うことができます。

なお、交通事故の損害賠償において、加害者側の任意保険会社が被害者に提示する賠償額には、複数の基準があるといわれています。

第一に、被害者本人が交渉を行っている場合には、保険会社は自賠責の基準を基本とした賠償額を提示するケースが多く、一般的に提示額は低い額にとどまります。

第二に、被害者が弁護士に交渉を依頼し、弁護士が保険会社と交渉を行う場合には、各保険会社の社内の基準に基づいて賠償額が提示され、やや提示額は上昇します。

最後に、交渉では解決せず訴訟に至った場合には、いわゆる裁判基準といわれる基準での解決が行われます。これは「赤い本」※と呼ばれる本に記載された基準をもとにするもので、最も高額の賠償額が望める基準です。

もちろん、これらはあくまで基準であって、法的な拘束力があるものではありませんから、ケースによって変動があります。

※赤い本・・・「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(公益財団法人 日弁連交通事故相談センター東京支部編集・発行)

(2) 後遺障害慰謝料の額

では、後遺障害慰謝料の金額はどの程度が相場なのでしょうか?

ここではいわゆる裁判基準に基づいて、12級、14級、非該当のそれぞれの場合に分けて説明します。

まず、12級の場合の後遺障害慰謝料額は裁判基準によると290万円程度とされています。そして、14級の場合は110万円程度とされています。

注意すべきは、14級に認定されなかった場合(非該当の場合)でもケースによっては例外的に慰謝料が認められることがあることです。ただ、その場合には、残存している症状について綿密に立証を行う(場合によっては医師の意見書なども利用して)必要があります。

 

4.まとめ

むちうちに基づく損害賠償請求については、ここで述べた後遺障害慰謝料のほか、逸失利益についても労働能力喪失期間をどの程度とするかなど通常の後遺障害とは異なる難しい問題があります。

先ほども述べましたが、後の賠償請求の場面で不当な扱いをされないためには、弁護士に早期に相談することが重要です。「たかが、むちうち」と軽く見ないよう注意しましょう。

 

5.交通事故でむちうちになったら・・・田中法律事務所までご相談を

交通事故で多く起こりやすいむちうちと、その後遺障害認定について簡単にご説明をいたしました。

むちうちは見た目ではわかりにくい症状のため、医師の診断書をもってきちんと対応することが大切です。そのためには、弁護士に早期に相談をし、協力を求めることが先決です。

田中法律事務所は交通事故案件を多数取り扱っており、訴訟(裁判)の実績も多数ございます。

むちうちをはじめ、後遺障害を負われ、慰謝料問題や後遺障害等級認定でお悩みの方は、田中法律事務所までご相談ください。

当事務所は広島県広島市中区にあり、広島市全域をはじめ、呉市、東広島市、廿日市市、三次市、福山市など、広島県各地からお問い合わせをいただいております。

当サイトをご覧の方は、初回法律相談30分が無料となりますので、お申し出ください。

ご予約はお電話もしくはメールフォームよりお寄せください。